バラの成育

バラの苗木

バラの苗木は普通は挿し木苗、切り接ぎ苗の2種類ですが最近では成長点培養や
ミニプランツといった物もある。
もちろん種で増やす方法もあるが種で言うF1同じ性質、同じ色の種を作るのは大変、
しかも種からだと収穫(採花)まで日数がかかりすぎる。

                   写真をクリックすると大きく見れます。

定植

 苗木のブロックから下に根が出てきたら定植。植える間隔は土耕栽培で25cm〜30cm
水耕ロックウール栽培では90cmマットに8本植えが一般的
    

仕立て

土耕では切り上げ方式、ハイラック方式、水耕ロックウール栽培では切り上げ、
アーチング栽培が一般的。
切り上げは太い枝に5枚葉を3枚以上残して収穫していく方法。
アーチングは枝を根元から折り曲げそこから出た花を根元から収穫。
ハイラックは切り上げの途中からアーチングの用に枝を折り曲げて、曲げた所で切り収穫。
私は枝を水平に倒し多くの芽を出させる方法(レベリング)、または切り上げに変えている。     

        

成木
品種によって異なるが夏季で35日前後冬季で45日前後で収穫出来る。
ハウス栽培では年7作ほど収穫できる。

        

薬剤散布

手でかけるのが普通ですが,
固定式、自走式散布機、霧にして室内に充満させる煙霧機などがあります。
 

メール アイコン
メール

トップ